2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2016.11.23 (Wed)

マーラー 交響曲第1番 ハイティンク&アムステルダムコンセルトヘボウ

ハイティンク_マラ1_1962

マーラー
交響曲第1番ニ長調「巨人」

指揮:ベルナルト・ハイティンク
   アムステルダム コンセルトヘボウ管弦楽団
   (現 ロイヤル コンセルトヘボウ管弦楽団)

録音:1962.9 アムステルダム、コンセルトヘボウ
レーベル:DECCA (元はPHILIPS)

録音はややヒスがありますが年代にしてはしっかりとしたもので、とても50年以上
経っているとは感じません。オケに近接していてクリアなもので残響も適度、コンセ
ルトヘボウの空間も良く感じられます。強奏時に中低音がもう少しあるといいのですが、
気にするほどでもありません。ハイティンクのマーラーの録音は多いですが、これは
33歳時の録音で第1回目のものになります。

第1楽章 13:23
 冒頭からしっかりとした響きを聴かせます。遠方から鳴るはずのトランペットはなぜか
 通常の定位置で吹いているような感じで音も大きくしっかり爽快に鳴っています。
 木管のソロも明快そのもので分離の良い録音のせいもあり、くっきりとした響きで進行
 してゆきます。テンポも中庸で安定していたもので流れには芯があり、自然な語り口
 ですが不足はなく、雰囲気も不足しません。なお前半のリピート部は省略しています。
 後半の高揚も率直な運びで自然体、妥当なテンポとやや時代を感じる金管(特にトラン
 ペット)の響きが印象に残ります。
 終盤、トロンボーンの上昇フレーズ(416小節)の裏で楽譜にないホルンの「タター、
 タター」というリズムがffで鳴っています。版が通常のものとは違うのかもしれません。
 終盤にかけても焦らずにインテンポでまとめています。

第2楽章 7:45
 テンポは中庸でここでもガッチリとしたインテンポでリズムが刻まれてゆきますが、
 メリハリは十分にあり賑やか。トリオも過剰な色合いは無く素直に表現されています。
 全体に弱音の扱いがあまり神経質にならず、どこも朗々と示されてゆきます。
 後半もアクセントがよく効いていますが、後半開始後の293小節辺りはホルンが木管
 に重ねて吹いている箇所があり珍しいです。

第3楽章 10:51
 コントラバスは侘しい雰囲気がよく漂っています。ハープの音もしっかりと収録されて
 いて良く効いています。オーボエ2本で始まるフレーズの後のトランペット2本の
 フレーズでは大きく揺れるようにたっぷりテヌートを付けて演奏されていてユニーク、
 こんな表情は聴いたことがありません。(全般にトランペットの音量が大きいです。)
 郷愁的なヴァイオリンの旋律もあまり弱音を意識する感じはありませんが、しなやかに
 よく歌われています。
 後半もトランペットがかなり強調されているのが特徴的で面白い表情を作っています。

第4楽章 20:04
 テンポは中庸での開始。録音のせいかオケの響きはやや低音が薄い感じがしますが、
 演奏自体は骨太のしっかりとしたもので良く鳴っています。小型のシンバルの音も
 印象的です。第2主題はことさらロマンティックになる事はなく自然に流していますが
 微妙な抑揚の変化は感じられます。
 中間部もガッシリとした作りですが、一旦静かになる8分頃(296小節)のミュート
 を付けたトランペットのフレーズではかなりテンポを落として滑らかな表情を見せて
 います。終盤も安定感のある表情とテンポで歌い上げます。かなりトランペットが
 全体をリードしている感じがします。
 ラストはせき込むような表現は強調せずに重厚感のある締めくくりとなります。

全体に端正な表現が基本で濃い表情や神経質な感じはあまりしませんが、時折思い切り
の良い表情も聴かれ、堅実だけという感じではありません。
ややクセのあるトランペットや木管、打楽器など時代を感じるオケの響きも印象的な
演奏です。

感銘度: A-
5段階( A+ A A- B+ B )に分けています。
関連記事

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

23:26  |  マーラー 交響曲第1番  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://bestclassic.blog97.fc2.com/tb.php/783-0ada2d16

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |