2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2016.06.09 (Thu)

バルトーク 管弦楽のための協奏曲 セル&クリーヴランド管

セル_オケコン1965

バルトーク
管弦楽のための協奏曲Sz.116

指揮:ジョージ・セル
    クリーヴランド管弦楽団

録音:1965.1.15&16 クリーヴランド、セヴェランスホール
レーベル:SONY

録音はオケに近く(特に弦楽)、生々しい響きです。残響はほどほどといったところで
直接音が主体ですが、リマスターの効果か年代をあまり感じさせない録音になって
います。

第1楽章「序奏」 8:52
 冒頭から緊張感が高く弦楽はガッシリとした骨太のたくましい響きを聴かせます。
 テンポもかなり速めでセルがオケをグイグイと牽引する意志が良く伝わって
 きて、どこかノリさえ感じさせるほど指揮者オケが一体となって激しく進みます。
 緩徐部も速いですが木管ソロは雄弁に語り、金管も鳴りの良さが感じられます。
 終盤に向けて筋肉質的なたくましい音響で盛り上げます。

第2楽章「対の遊び」 6:21
 テンポはやや速め。ここでも気合が入っている感じ強く伝わりアグレッシブで
 緊張感が継続しています。諧誰的な気分はありません。
 金管のアンサンブルはトランペットをやや抑えめにして美しいハーモニーを
 聴かせています。
 なお冒頭のドラムソロの箇所だけでもセルはこだわりがあり、この録音後の
 演奏会でドラム奏者の演奏に納得できず、パーカスメンバーに一人ずつ叩かせ、
 結局ティンパニ奏者が兼任したとの話もあるそうです。
 (ドラムソロのラストのディミネンドにこだわったようです。)

第3楽章「悲歌」 7:18
 ここに来てようやく落ち着いた感じになりますが、それでも内に秘めた熱気は
 十分に感じられるほど音にエネルギーを感じます。
 中間部の強奏もストレートな力感に満ちて激しくぶつけてきていて、隙の無い
 表現はかなリギスギスする感じがします。
 またこの録音ではセルの声が結構入っているのですが、この中間部ではかなり
 唸っています。終盤のホルンソロは改変(ミス?)があります。

第4楽章「中断された間奏曲」 4:07
 勢い鋭い弦楽の入りです。主部のテンポは通常よりやや速いです。
 躍動感十分の進行ですがややきつい感じ、ヴィオラからのフレーズでは落ち着き
 ますが愛想は良くなく辛口です。
 ショスタコの辺りは速めに入つてゆき、太く豪快に鳴らします。終盤も明快な表情
 でまとめます

第5楽章「終曲」 8:01
 テンポは速く勢い十分、激しいアタックが生々しく精度の高いアンサンブルは凄み
 を感じます。一方4分過ぎの弦楽セクションのリレーの個所はややテンポを落と
 して、各楽器ともにフレーズ頭に強いアタックで押しを強烈に付けています。
 セルの唸りも激しいものです。
 終盤、驚かされるのが大きなカットで金管(トロンボーン等)の慌ただしいフレーズ
 を独自に4回繰り返し、通常ppに沈み込みフーガで徐々に盛り上がる個所を
 全てカット(426小節~555小節)、いきなリクライマックスに至ります。
 違和感大の改変ですが、セルはフーガの箇所を締まりの無い箇所だと考えていた
 ようでカットに至ったそうです。(バルトークらしい響きの個所だと思うのですが。。。)

全体に燃焼度の高い表現でガチガチにオケを引き締め上げたような緊張感が漂う
豪演です。セルならではの厳しい雰囲気やオケの必死さが演奏から良く伝わって
きます。

感銘度: A-
5段階( A+ A A- B+ B )に分けています。)
関連記事

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

23:28  |  バルトーク  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

こんにちは
こちらは今日も良い天気です。
セルのオケコン、懐かしいですね。中学生のころに廉価盤LPを買って、飽きずに良く聴いたものです。ですので終楽章にカットがあるとは思わずにずっときました。ほかの演奏を聴いてもその部分は今でもなんだかお尻の座りが悪い感じがします(笑)。
刷り込みはコワイ、ですね。
七味とうがらし |  2016.06.11(土) 09:09 |  URL |  【コメント編集】

■Re: タイトルなし

こんばんは
今日は暑かったです、30度ありました。ビールが旨いですね。

オケコン、中学生の頃から聴いておられるのですか、それは凄い。。。
私が中学の頃はチャイコの4番とか悲愴、ショスタコの5番とか惑星、
ベト7その程度でした。オケコンは大学生になってから聴くように
なったと思います。(ショルティだったかな)

昨今、近所の中学のブラスがコンクールの自由曲にバルトークの
「舞踏組曲」を演奏しているのを聴いて、うーん凄い時代に
なったものだと思いました。




越中富山 |  2016.06.12(日) 01:01 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://bestclassic.blog97.fc2.com/tb.php/754-47328ee6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |