2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2016.05.07 (Sat)

ラ・フォル・ジュルネ金沢 ナビル・シュハタ 新日本フィル公演

2016ラフォルジュルネ金沢

惑星シエハタ

ラ・フォル・ジュルネ金沢
2016年5月5日 石川県立音楽堂コンサートホール
コンサート番号 K311

ナビル・シュハタ指揮
新日本フィルハーモニー交響楽団

プログラム
G・ホルスト 組曲「惑星」op.32

今年度の音楽祭は多彩なプログラムで聴きたい公演が目白押しでしたが、他の都合も
あってこの公演だけ聴きに行きました。北陸でプロのオケが「惑星」を演奏するのは
今までなかったのではないでしょうか。チケットの方もSOLDOUTとなり人気の公演
だったようです。

公演前には井上道義さんと東京大学の月尾嘉男さんの太陽系の惑星についての
プレトークがありました。

指揮のシェハタという方は全然知らない方でしたが、ベルリンフィルで主席コントラバス
奏者を務め、バレンボイムに師事して近年は指揮活動をされている方です。

1.火星
 冒頭からテンポは速めでティンパニも結構鳴らして勢いのある開始。強い推進力と切れ
 味を備え幾分骨っぽい感じもする程ですが音の立ち上がりは速く豪壮な響きを作り出し
 ていました。終盤のトウッティでの叩き込みも間をあまりとらずストレートな表現。

2.金星
 冒頭をはじめ繰り返し奏されるホルンはもう少し安定感のある響きが欲しいところ
 です。全体にテンポは中庸でさらりとした感触で流れてゆきますが、オーボエやチェロ
 のソロではグッとテンポを落として良く歌っていました。弦楽のアンサンブルは更に
 精緻な響きが可能な気がしますが、なかなか透明感のある響きを作り出していたと
 思います。

3.水星
 テンポは速めで躍動感溢れる曲に相応しい軽快な進行。よどみなくクリアに流れて
 ゆくも木管のアンサンブルは特に見事なものでした。

4.木星
 テンポは急ぐことはなく中庸かやや遅めな位での開始。主部からややテンポを上げ、
 明確なフレージングで覇気十分の語り口、緩急のメリハリも十分です。ホルンセク
 ションのフレーズも幾分音を長めに保ち良く鳴らし、有名なフレーズもノンレガート
 の楽譜通り歌い過ぎることなく端正な表情でした。
 要所でのティンパニの決めも見事、実演ならでは、視覚的にも楽しめました。
 ラストの追い込みもキレの良い表現で実に爽快にまとめていました。

5.土星
 冒頭の荒涼とした雰囲気ののち主部に入ってからテンポはやや速め、明快な表現で
 リードするトロンボーンのアンサンブルも美しい響き。中盤での強奏部はダイナミクス
 を大きくとり力感も十分ですが、テンポ自体が速めなので壮大さよりは高い緊張感を
 作り出していたと思います。終盤、弱音で奏されるオルガンの重低音も実に雰囲気豊か。

6.天王星
 個人的にはこの曲は結構好きなのですが、ここでは速めのテンポで推進力と筋肉質的
 な表現でWティンパニの打ち込みも豪快に良く決まっていました。
 聴き所のオルガンのグリッサンドはオケの大音量にマスクされあまり聞き取れません
 でした、実演はなかなかCDみたいにはいかないものです。

7.海王星
 テンポはやや速め、ムードに傾かないさらりとスマートな表現ですが、繊細な表情も
 よく示していたと思います。ステージ左横のドアが開いてステージ裏から女性合唱が
 聞こえてきたのですが、やや音量も不足気味で何だか違和感を覚えたのですが、実は
 女性合唱でなくエレクトーン(シンセ)で代用していたとの事です。
 公演プログラムやホールに入場した際のペラのプログラムにも合唱団名が記載され
 ていなかったので変だとは思ったのですが、せめてシンセにて演奏くらいの記載は
 欲しいところです。本当は合唱で聴きたかったのが正直なところですが)
 (奏者:菊池友夏さん、この方のブログにステージ裏のエレクトーンの写真とか掲載
 されています。)

合唱の件はありますが、総じて大袈裟になることは無くキリリと引き締まった爽快な
「惑星」を生で聴くことができて楽しめました。オケも好演、指揮のシュハタさんは
手際の良いオケのコントロールが印象に残りました。

今回、プチョンフィルの「巨人」(花の章付)も聴きたかった公演でしたが、演奏者と
主催側の確認ミスなのか、花の章の演奏が無く通常の「巨人」の演奏となり、演奏後に
チケット払い戻しとなったそうです。(珍事ですなぁ~)

関連記事
09:50  |  富山・金沢の演奏会を聴く  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

ラフォルジュルネ金沢は多彩な公演だったようでうらやましいです。新潟はちょっと地味でした。行きませんでしたけど。
確かに地方で「惑星」は珍しいですね。
七味とうがらし |  2016.05.07(土) 21:29 |  URL |  【コメント編集】

■Re: タイトルなし

新潟での公演プログラムも今年は入手はしていたのですが、今まで
新潟でも開催されていたとは知りませんでした。
同じテーマになるのでやはり似たような演目が多いなぁと思いました。
少々富山からは遠くなりますが、いつか新潟のラフォルジュルネも
行ってみたいと思います。
越中富山 |  2016.05.09(月) 01:13 |  URL |  【コメント編集】

■惑星

越中富山さん、ご無沙汰しています。
惑星は5年前に地元で演奏しましたが、たいへんでした。
火星はフルパワー全開を必要としますし、木星もパワーが必要です。
その後、例の土星の冒頭のところ、ひやひやものでした。その時は何とか無事にうまくいきました。
この曲は、やはり演奏するよりも、聴く方が楽しいでしょうね。
タンバリンの神様 |  2016.05.21(土) 18:31 |  URL |  【コメント編集】

■Re: 惑星


タンバリンの神様!!!

大変ご無沙汰しております、お元気ですか~。

拙いブログにコメント頂きありがとうございます。
すっかり聴く方になってしまいましたが、いまだに楽器は家に3台あって
いつか・・・なんて時々思ったりしてます。(たぶん無理)

私も高校時代に火星と木星をブラスでやった事がありますが、火星だけで
果てました。金管には結構辛い曲ですよね。

またコメント下さい、お待ちしています。



越中富山 |  2016.05.22(日) 02:14 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://bestclassic.blog97.fc2.com/tb.php/748-e4c3d0c7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |